賃貸物件を借りる際に必要な敷金と礼金が不要な物件がありますが、その裏事情について説明いたします。

賃貸探しから得たもの
賃貸探しから得たもの

敷金・礼金0円の賃貸物件の裏事情

PAGETITLE
賃貸物件を借りる際には敷金と礼金を支払う必要があり、この金額は馬鹿に出来ないほど大きいものです。しかし賃貸の物件の中には敷金も礼金も不要という物件があり、一見は初期費用がかからないお得な物件だと認識されがちですが、予想もしないような落とし穴が存在することを覚えておきましょう。ここでは敷金・礼金が不要な物件の裏事情について説明いたします。

敷金・礼金を不要にすることで、入居者を何としても獲得したいという貸主の心理を考慮すると、物件自体に住むにあたっての不具合が潜んでいるという認識が必要です。例えば、騒音トラブルが頻発するような環境であったり、住んでみて初めてわかるような不具合が存在し、なかなか借主が見つからないというケースがあります。また敷金が不要ということで、退去時の原状回復費用の負担がどんな内容でも借主負担となるような特約になっている場合があるので、注意が必要です。

その他、元々の家賃に少し上乗せをしているケースや、入会金や会費などの一般的にはあり得ない費用を徴収されるケース、また退去時に割高なクリーニング費用を徴収される場合も想定しておく必要があります。このように、敷金・礼金が不要な物件には、一般的な物件とは異なった形式の費用をどこかのタイミングで徴収されるものと認識しておくことが肝要です。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸探しから得たもの.All rights reserved.