賃貸アパートやマンションに住む場合は、自分だけが住んでいるのではないことを自覚することが大切です。

賃貸探しから得たもの
賃貸探しから得たもの

賃貸物件に住む上で身につけておくマナー

PAGETITLE
賃貸物件には一戸建てやマンションやアパートがありますが、マンションやアパートに住む場合、入居者は自分だけではないので、マナーを守って住まなければなりません。壁一枚隣には他人が住んでいることをよく考えて、生活音や騒音などに気をつけて住民同士のトラブルに発展しないように生活することが大切です。

賃貸物件に住む上で必要なマナーは、建物自体の利用方法にも挙げられます。建物自体は借主の物ではなく、その建物に住む人全員が借りているということになります。エントランスや廊下やエレベーターなどは全て共有スペースであるので、自分勝手な行動を取ったり私物を置く行為をしてはいけません。よく見かけられるのが廊下に植木を置く行為です。これは共有スペースを専有していることになるので、管理者から注意を受けます。注意は書面で送付されますが、それでも改善されない場合は強制退去を命じられることがあります。その際には損害金として家賃の数ヶ月分を請求されることもあります。マンションやアパートを借りる際には、自分だけの建物ではないことを自覚して常識を持って正しく利用することが大切です。賃貸一戸建てはプライバシーがより確率されていますが、通りまで聞こえるような騒音はトラブルの元になります。

Copyright (C)2017賃貸探しから得たもの.All rights reserved.