賃貸物件に下見に行く際には、メジャーと方位磁針とビー玉を持って行ってチェックすることが大切です。

賃貸探しから得たもの
賃貸探しから得たもの

賃貸物件の下見の際に必要な物

PAGETITLE
賃貸物件に住むのは一時的とは言え出来るだけ良い住まいに住みたいと考えるのが一般的です。不動産会社で提示される資料だけではその物件の詳細を知ることは難しいので、必ず下見をして様々なことをチェックすることが大切です。

下見には必ずメジャーや方位磁針やビー玉を持っていきます。メジャーは規定通りの間取りになっているかのチェックに使用します。また、引っ越す際に持ってくる家具の配置を考えるのにも使用します。場合によっては家具を買い換えなければならなくなるので、必ず下見の際にチェックしておきましょう。そして、方位磁針はどの方角から日光が射し込むのかを調べるのに使用します。ビー玉は部屋の中央や端において、転がっていかないかを見ます。これは物件が傾いていないかを調べる為に使います。自分が住む部屋だけではなく、建物自体の設備も確認します。電球が切れていないかということや、エントランスがしっかり機能しているかということなどを見ます。下見で見るのは部屋の広さだけではなく、風呂の浴槽の広さも確認します。資料ではわからないのが浴槽の広さであるので、家族で住む場合は充分な広さがあるか入念にチェックします。子供がいる場合はより大きい風呂が必要になります。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸探しから得たもの.All rights reserved.