賃貸の契約をする場合には、本人確認と収入証明、その他に必要な書類が何点かあるので、必要に応じて用意をする

賃貸探しから得たもの
賃貸探しから得たもの

賃貸契約の時に必要な書類

PAGETITLE
賃貸の契約をする時には、書類が何点か必要になります。まずは、本人確認のための書類です。免許証や保険証、パスポートなどですが、免許証がない場合には、住民票の取得が必要の場合もあるそうです。会社員であれば、源泉徴収票が必要になり、収入の証明が必要です。

新入社員は源泉徴収票がないので、入社証や3ヶ月分の給与明細などの提出が必要になり、自営業の場合には、役所に行き、収入証明を発行してもらい用意をしておきます。他にも、ほしょうかいしゃを利用する場合には、家賃を引き落とすための口座番号がわかる通帳やキャッシュカードが必要なります。保証人の書類も必要になり、遠方の場合には郵送で直接不動産会社に送る場合や近場場合や今は一緒に住んでいる場合には、契約する本人が自分で持ってくるという事になります。保証人の書類には、保証人本人の確認が必要で、印鑑証明を添付して、保証人承諾書を実印にて捺印してもらう必要があります。用意が必要な書類は不動産会社によってさらに用意がいる場合がありますが、その都度指示に従って、用意します。特に難しい手続きが必要なものがないのですが、保証人になってもらう人が実印登録をしていない場合には、登録をお願いしないとなりません。

Copyright (C)2017賃貸探しから得たもの.All rights reserved.