賃貸物件といえども、引越しをした場合には近隣や貸主に挨拶をする事によって、印象が良くなる場合がある

賃貸探しから得たもの
賃貸探しから得たもの

賃貸物件でも入居の挨拶はした方が良い

PAGETITLE
賃貸物件といえども、引越しをした場合には、近隣への挨拶は必要です。つい一人暮らしの場合には、挨拶を省いてしまいがちですが、礼儀として基本になります。貸主が同じ建物内や近くに住んでいる場合には、挨拶に行くと、貸主の方も安心してもらえます。最近賃貸物件を契約する場合には、借主が貸主と会うという事は滅多になく、引越しをした時に挨拶しない場合には、全く会う事はないままになる事がほとんどです。貸主の方にとっては、どんな入居者が引っ越してきたのかという事は不動産会社からの書類や口頭での説明しか受けていませんので、入居の挨拶に行く事によって、印象が変わってくるのではないでしょうか。

契約書を確認すると貸主の現在の住所が記載されていますし、個人情報になりますが、ご挨拶に行きたいという場合には、契約する時に聞いてみると、教えてもらう事ができるかもしれないそうです。入居の挨拶は引っ越してから早めに行く様にし、貸主が借りる家から近い場合には、引越しをする前に行ってみるのもよいかもしれないです。持参する挨拶の品は、安価な品物で気を使わない程度のものが良いそうです。挨拶をする事は、スムーズな人間関係を築く事になりますので、良い印象になるためにも、最初の挨拶はしておいた方が良いそうです。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸探しから得たもの.All rights reserved.