賃貸経営は生半可な気持ちではなかなか成功することはできません。さまざまな企業努力が必要です。

賃貸探しから得たもの
賃貸探しから得たもの

賃貸経営をすることについて

PAGETITLE
不動産の処分に困っているとき、売却に出すのもひとつの手ですが、賃貸で貸し出すこともまた考えるべきところでしょう。しかし賃貸で貸し出すとなると、おそらく売却よりも面倒事は増えるだろうことが予想されます。なぜかというと、要するに賃貸経営をしなければならなくなるからです。売却であれば、一度売ってしまえばそれでおしまいですが、賃貸経営をするとなれば、さまざまないわゆる企業努力をしなければ利益を上げることは難しいのです。

たとえば、まず部屋が空室のままであれば当然家賃収入は得られませんから、入居者を募る努力をしなければなりません。持っている建物が古ければ、リフォームもしなければならないでしょう。それからいざ入居者が決まっても、隣人トラブルの処理だとか、退去時のクリーニング費用の交渉だとか、いろいろなことをしなければならなくなるでしょう。

賃貸経営はこのように一筋縄ではいかぬものです。確かに賃貸で不動産を貸し出せば、安定的に収入が得られるかもしれません。しかしそれは、その不動産自体にさまざまな価値がもとよりなければ成り立たない仮定なのです。魅力的な物件でなければ、入居者はやってこないし、たとえ最初は魅力的であっても、時がたてば不動産の価値が下落するように、建物は老朽化するでしょう。そういうときにも、リフォーム費用を捻出したりなどの経営努力をしなければならないのです。

オススメサイト

Copyright (C)2017賃貸探しから得たもの.All rights reserved.